縫製技術の指導には、伝統と実績のあるコース。運針から始めて、肌襦袢・浴衣と進み、和裁技術の基礎をしっかりと習得します。2年間で「きもの」を縫う技術はもちろん、柄・模様合わせができるまで指導します。さらに着付けから「きもの」の歴史、染め、文様、産地等の知識と和服全般に渡って専門性を高めます。 ファッションデザイン科には2つのコースがあり、デザインコースは将来服飾デザインの分野で活躍できる人材を、意欲的に育成します。パタンメーキングコースでは衣服作りの心臓部であるパタンメーキング・ドレーピング・ソーイング(縫製)、平面および立体構成・テキスタイル・服飾造形等を徹底して教えます。 衣服作りの心臓部がパタンメーキング(通称パタンナー)。どんな衣服も、パタンを描くことから始まります。本コースは、パタンナーに必要な技術として、パタンメーキング・ドレーピング・ソーイング(縫製)、知識としては、平面および立体構成・テキスタイル・服飾造形等を徹底して教えるカリキュラムです。
資料請求
 
就労促進事業頁
本校は東京・銀座の百貨店「松屋」が1913年(大正2年)に創設した100年の伝統を持つ専門学校です。カリキュラムから就職まで、産学一体の指導のもと多くのプロフェッショナルを世に送り出してきました。和裁と洋裁の2つのコース。東京のまん中、洗練の街<銀座>で、世界の最先端を身近に感じながら学べる機会を提供します。
東京ファッション専門学校の生涯学習スクールは、本校の特色を生かした和装と洋装の本格的なカルチャー講座です。本校の専門の教師が、マンツーマンでやさしく、ていねいに教えます週一回の楽しい時間で自己表現。プロの技を習得して、暮らしにステキな彩りを添えてみませんか。
毎年開催されるこのファッションショーは、東京ファッション専門学校の卒業制作にもあたり、卒業年度の2年生が中心となって、オリジナル作品の制作、ショーの企画から演出まで、すべて学生たちの手で進められています。