学校について 学科について 学校案内 キャンパスライフ

学科コースについて

ファッションデザイン科
デザインコース パタンメーキングコース
ファッションデザイン研究科
きものファッション科
テクニカルコース きものファッション研究科
資料請求

デザインコース

将来服飾デザインの分野で活躍できる人材を、意欲的に育成するコース。
デザインの本質は、創造性であり、それは個性の表現でもあります。服飾デザインでは、新しい衣服の提案、新しいフォルムの創造が要求されます。本校では、色彩・デッサンから始まる基本を重視したカリキュラムを組んで力量のあるデザイナーを育てています。
講師には、アパレル業界の第一線で活躍する先生を招いています。

デザイナーの仕事を分析すると

新しいデザインの衣服を完成させるには、パタンナー、カッター、縫製技術者等の協力を得てサンプルを作り上げなければなりません。そのためには、デザイナー自身が、パタンメーキングと縫製の技術を持っていなければなりません。 本校ではそのカリキュラムが必修です。

取得資格

※本校は、実技試験免除。1年で初級、2年で中級(受験資格)

卒業後の進路

アパレルデザイナー

時代にマッチした消費者のニーズをとらえ、売場別・アイテム別・テイスト別のデザインを手掛ける企業内デザイナー。

ステージ衣装デザイナー

映画・舞台・テレビ・ライブステージなどで着る衣装をデザインします。

ファッションディレクター

消費者が何を求めているかを見極め、デザイン、素材、消費動向など、トータルな視点でファッションの流れを作り出します。

デザインコース(2年間)

1年次 基礎知識と基礎技術を中心に

ファッション概論・服飾史・色彩・ドレスデザイン・服飾造形を基礎に、パタンメーキング・ドレーピング・ソーイングを学びます。一方作品作りもデザイン学習の一つとして重視し、縫製技術の習得を指導します。

2年次 産業界で即応できる実践知識を

デザイン画演習を始め1年次の学習を深めると共に、ドレスデザイン・立体構成の実習、そしてファッションマーケティング・商品企画、さらには衣服づくりの生産管理まで、デザイナーとしての視野を広げます。

デザインコース 教科内容(2年間) 定員20名

教科 年間1,170時間
構成 テキスタイルデザイン カラーワーク 服飾史
基礎ドローイング ファッション概論 服飾造形 服飾デザイン
ドレスデザイン 生産管理 デザイン画演習 ファッション
マーケティング概論
パタンメーキング 商品企画 ドレーピング CAD実習
造形実習 VMD概論 テキスタイル(生地) 作品展、校外授業など

   
 
 

学科コースについて

ファッションデザイン科
デザインコース パタンメーキングコース
ファッションデザイン研究科
きものファッション科
テクニカルコース きものファッション研究科

パタンメーキングコース

衣服作りの心臓部がパタンメーキング(通称パタンナー)。どんな衣服も、パタンを描くことから始まります。本コースは、パタンナーに必要な技術として、パタンメーキング・ドレーピング・ソーイング(縫製)、知識としては、平面および立体構成・テキスタイル・服飾造形等を徹底して教えるカリキュラムです。作品も多く製作して経験を積みます。その授業をアパレル業界で活躍している講師陣から直接学べることが、本校の特徴です。

ファッション感覚と技術と情報がリンクする、パタンナーの仕事

パタンナーの仕事は、デザイナーの描いたスタイル画の意図を理解し、パターンを作り上げることです。その時、デザイナーと納得のいくまで話し合い、パターンが描かれ完成します。着心地の良さや機能性のよい服が作られるかどうかは、パタンナーの腕にかかっています。そこでパタンナーにもデザイナーに負けないファッション感覚が必要なのです。

取得資格

卒業後の進路

パタンナー

デザイン画をもとに、型紙(パタン)を製作。確かな技術力が要求されるスペシャリスト。

CADパタンナー

映画・舞台・テレビ・ライブステージなどで着る衣装をデザインします。

モデリスト

デザイナーのデザイン画に従い、作品サンプルを作り上げます。

パタンメーキングコース(2年間)

1年次 服飾の基礎知識とパタン制作の基礎固め

パタンメーキング・ドレーピングをメインに、ファッション概論・色彩学・基礎ドローイング・平面構成等の知識と技術の基礎を、時間をかけて勉強します。実習として、作品も自分のデザインで数点を製作します。パタンナーの基礎固めの1年です。

2年次 技術の向上と産業界への即応力を

パタンメーキングの技術を高め、かつ領域を広げることが2年次です。立体構成・服飾造形・ドレーピング・パタンメーキング等は、応用と実践で実力を身につけ、CAD(コンピュータによるパタン製図)・商品企画等を加えてアパレル界で即応できる人材育成を目指します。

パタンメーキングコース 教科内容(2年間) 定員20名

教科 年間1,170時間
構成 テキスタイル(生地) カラーワーク テキスタイルデザイン
基礎ドローイング 服飾史 服飾造形 ファッション概論
ドレスデザイン VMD概論 デザイン画演習 生産管理
パタンメーキング 商品企画 ドレーピング CAD実習
ソーイング(縫製) 作品展、校外授業など

   
 
 

学科コースについて

ファッションデザイン科
デザインコース パタンメーキングコース
ファッションデザイン研究科
きものファッション科
テクニカルコース きものファッション研究科

ファッションデザイン研究科

本校のデザインコース又はパタンメーキングコース(2年間)卒業と同程度の実力を有する人のためのコースです。最新の情報や知識と技術を授業に取り入れ、基本の上により高度な指導をしています。

基礎の上に実践力がつく、1年間みっちりコース

課題製作、服飾研究をテーマに自主的な取り組みを指導し、さらに高度な縫製技術のマスター(例えばウエディングドレスの製作等)の他、デザインにおいては完成度の高いスタイル画の技術の習得を指導します。

取得資格

卒業後の進路

オートクチュールデザイナー

量産される服ではなく、1点ものをオリジナルデザインする、センスと高い技術が求められます。

ソーイングスタッフ

サンプル縫製、グループ縫製、仮縫い、補正、本縫い等、縫うことの技術が要求される専門スタッフです。

カラーリスト

色の特質・配合についての深い知識を持ち、流行色の傾向の分析や提案を行うスペシャリストです。

ファッションデザイン研究科(1年間)

実践的なカリキュラムにトライ!!

ファッションマーケティング・商品企画・ドレーピング・ドレスデザイン・課題製作・情報収集(路上観察・企業研修等)に、CADを含めた実践的なカリキュラムでより高度な技術と感性を習得します。

ファッションデザイン研究科 教科内容(1年間) 定員20名

教科
デザイン画演習 ドレスデザイン パタンメーキング 服飾造形II
CAD実習 課題研究・自由研究 作品展・校外授業など

   
 
 

学科コースについて

ファッションデザイン科
デザインコース パタンメーキングコース
ファッションデザイン研究科
きものファッション科
テクニカルコース きものファッション研究科

テクニカルコース

縫製技術の指導には、伝統と実績のあるコース。運針から始めて、肌襦袢・浴衣と進み、和裁技術の基礎をしっかりと習得します。2年間で「きもの」を縫う技術はもちろん、柄・模様合わせができるまで指導します。さらに、着付けから「きもの」の歴史、染め、文様、産地等の知識と、和服全般に渡って専門性を高めます。高校新卒の入学者は2年次で迎える成人式に自分で縫った晴れ着で出席する夢が実現します。
「きもの」は日本の伝統文化の一つです。伝統を引き継ぐ担い手として、あなたの将来は大きく期待されています。

本校は、和裁技能士受験に必要な実務経験が
修学年数で免除される、厚生労働大臣認可の指定校です。

暮らしの中で注目される和のテイスト。日本の伝統文化を引き継ぐ担い手として、あなたの将来は大きく期待されています。本校ではファッションの中での「きもの」を総合的に学び、同時に実習に多くの時間を割くことで、社会に出てからの即戦力を育成するカリキュラムに努めています。また、本校では数多い専門学校の中でも認可を得た「厚生労働大臣和裁技能検定・職業訓練指導員指定校」です。
カリキュラムが和裁技能士及び職業訓練指導員の受験に適合していると認められ、当校での修業年数が、実務経験年数と同じと認められます。

取得資格

卒業後の進路

和裁士

きものを手縫いあるいはミシンで仕上げる和裁の専門家。
厚生労働省・商工会議所の検定2級合格者はプロとして認められ、独立して自宅で仕事を請け負う人も多くいます。

きものアドバイザー

百貨店、専門店等の販売の第一線で、顧客のニーズに応えて「きもの」全般に渡って満足頂けるようにアドバイスし、販売に結びつけます。

ブライダルコンサルタント

結婚式で着る衣装全般(和装・洋装)から、ヘア・メイク・スタイリングまでトータルにアドバイス、演出します。

テクニカルコース(2年間)

1年次 初歩の実技指導から和裁理論の始めまで

運針の指導から始め、肌襦袢・浴衣・袷せ(木綿・紬)・羽織・ウールアンサンブル・名古屋帯と少しずつ技術と理論を高めて行きます。
「きもの」の歴史や色彩・文様等の必要な知識の勉強も同時に習います。

2年次 より高度な技術と理論の習得と検定試験へ

訪問着・振袖・道行きコート・雨コートと縫製枝術は確実に進歩。着付けの基本も学び、「きもの」の世界への視野がどんどん広がります。一方、7月には和裁技術検定試験3級に挑戦し、合格率も高いのが特徴です。

テクニカルコース 教科内容(2年間) 定員20名

教科 年間1,170時間
和裁理論 和裁実習 色彩・配色法 きものの基礎知識 I
きものの基礎知識 II VMD概論 デザイン画基礎 着付け
テキスタイルデザイン 手芸 作品展、校外授業など

   
 
 

学科コースについて

ファッションデザイン科
デザインコース パタンメーキングコース
ファッションデザイン研究科
きものファッション科
テクニカルコース きものファッション研究科

きものファッション研究科

テクニカルコース2年間を卒業後、より高度な技術の向上と専門性を高めるためのコースです。「きもの」の世界は、奥行きの深い分野で、技術と知識の両面が相伴ってプロとして認知されます。研究科は、その実カ養成のための指導をしています。厚生労働省・東京商工会議所の和裁検定2級資格を、本科では最短の年月で受験できます。資格取得者は、名実ともにプロとして認められます。

取得資格

卒業後の進路

着付け講師・きものスタイリスト

教室や企業で着付けを教えます。また、広告・宣伝の撮影・ショー等で、トータルなスタイリングを提案、着付けもします。

和装コーディネーター

きものに対する深い知識とセンスを生かして、きもののスタイリングをトータルにコーディネートします。

染色作家

染め、織り、素材(生地)から新しい柄模様のきもの地をデザインする創作作家です。

きものファッション研究科(1年間)

技術の幅を広げ実践的な能力を高めます

留袖・袴・被布・女物袷長着・喪服・単衣道行きコートの他、自由作品を完成させることで技術の幅を広げます。さらに、各種の研究課題に取り組み、実践的な能力を高めます。

きものファッション研究科 教科内容(1年間) 定員20名

教科
和裁理論 課題研究 手芸 着付け
作品展、校外授業など